top

top

特記事項・注意事項

※ 第191回笑例会中止のお知らせ 台風接近のため2018年9月30日(日)に予定していた第191回笑例会を中止いたします。

※ メールアドレス変更のお知らせ 事務局のメールアドレスが以下のように変更になりました。ご注意ください

(旧)info@warai-chubu.sakura.ne.jp → (新)nwgkchubu@gmail.com

※ 金城学院大学 会場名変更のお知らせ
金城学院大学の「学舎名(建物名)」が、改築工事のために以下のように変更になりました。ご注意ください
(旧)W9号館 → (新)W2棟 (場所は同じです)

2017/07/01

第13回ビジュアルフェストのご案内

「ヒトラーで笑えるか?」

世界を地獄に陥れた史上最悪の犯罪者ヒトラー。それを笑いのネタにするのは危険で非常に難しいことです。でもこの困難なテーマに勇気ある芸術家たちがチャレンジしてきました。その先駆者がチャップリン。今回はチャップリンの『独裁者』を垣間見たあと、衝撃の話題作『帰ってきたヒトラー』を見ます。

【日時】
 2017年8月19日(土) 13:00~16:10(受付開始 12:30)

【会場】

金城学院大学 W2棟-106教室

(所在地)名古屋市守山区大森2-1723

(交通)鉄瀬戸線 大森・金城学院前駅から 徒歩5分
―急行・普通とも停車 急行なら栄駅から 約15分―

(地図)下図参照

【プログラム】 ※もちろん、森下先生の解説付きですよ~!


 1.チャップリン『独裁者』(1940、米、抜粋、15分)

命がけでナチズムと闘ったチャップリン渾身の力作。反ユダヤ主義を心底忌み嫌ったチャップリンは徹底的にヒトラーを愚弄し、ヒューマニズムの大切さを力強く訴えかけます。

 2.テレビ番組「新・映像の世紀3 時代は独裁者を求めた」(NHK、抜粋、約45分)

なぜ時代はヒトラーを選んだのか。多くの貴重なドキュメンタリー映像によって狂気の選択の背景に迫ります。フォードも、シャネルも、リンドバーグも、ヒトラー・ファンだった!

 3.D.ヴェント監督 映画『帰ってきたヒトラー』(独、2015、約120分)

大ベストセラーとなったT.ヴェルメシュによる同名小説の映画化。現代によみがえったヒトラーがそっくりさんコメディアンとして超人気者になり、ついには権力者として復活するという悪夢のシナリオが、爆笑の笑顔を凍りつかせます。

【参加費】

会員:無料
一般:500円
  

【当日の連絡先】

080-5125-7625(祖父江)
090-8323-2034(石野)

【PDF版のご案内】

ダウンロードはコチラ